投資の勉強

【投資の勉強】BPS(1株当たり純資産)

アイキャッチ

BPS(1株当たり純資産)

BPS(Book-value Per Share)とは、1株当たり純資産のことです。

BPSは下記の計算式で求めることができます。

BPS=純資産÷発行済み株式数

BPSからは企業の安定性を判断することができ、BPSが高ければ安定性が高いといえます。

また、株主は会社が解散した場合に、会社の財産を分配して受け取る権利があります。

BPSは会社の解散時に株主に戻ってくる金額の目安となるため、解散価値ともいわれます。

主にこちらの電子書籍を参考に投資の勉強をしています。