投資の勉強

【投資の勉強】貸借対照表(BS)

アイキャッチ

貸借対照表(BS)とは?

貸借対照表は、どのようにお金を調達して、何にお金を使ったかが書かれています。

貸借対照表を大きく分けると、資産、負債、純資産に分けられ、負債と純資産の合計と資産が必ず一致します。

貸借対照表は、安全性を見るうえでとても重要で、バランスシートと呼ばれることもあります。

貸借対照表(BS)の構造

貸借対照表は資産、負債、純資産に分けられると説明しましたが、構造は下図のようになっています。

貸借対照表

資産

資産とは、企業の財産のことです。

資金だけではなく、下記のようなものを含みます。

  • 資金
  • 製品を作る材料や機械
  • 工場やオフィス
  • 商品在庫
  • 机やイス
  • パソコン

貸借対照表では、上記のようなものがすべて資産としてまとめられます。

資産

また、資産は流動資産固定資産に分かれます。

流動資産

流動資産は、主に1年以内に使う資産のことです。

固定資産

固定資産は、流動資産以外の資産で、長期的に使う資産のことです。

負債

負債は、返さなければいけないお金のことです。

銀行から借りているお金などが、負債に含まれます。

負債を返せなくなると企業は倒産するので、負債の割合が大きい企業は倒産のリスクが高いので安全性が低い企業と言えます。

倒産

また、負債は流動負債固定負債に分かれます。

流動負債

流動負債は、1年以内に返済しなければいけない負債です。

固定負債

固定負債は、1年後以降に返済すればいい負債です。

純資産

純資産は、返さなくていいお金のことです。

株主に出資してもらったお金などが、純資産に含まれます。

純資産の割合が大きいと、安全性が高い企業といえます。

企業の安全性

貸借対照表を見ると、企業の安全性がわかります。

安全性

また、企業の安全性には、短期の安全性中長期の安全性があります。

短期の安全性

短期の安全性を見る指標には、流動比率当座比率があります。

流動比率

流動比率は、下記の式で計算できます。

流動比率=流動資産÷流動負債

流動比率が120%あれば、安全な企業といえるようです。

ただし、小売業や飲食業のように日銭が入ってくる業種は70%以上であれば安全といえます。

当座比率

当座比率は、流動比率よりも厳しく短期の安全性を知ることができます。

当座比率は、下記の式で計算できます。

当座比率=当座資産÷流動負債

当座資産は、流動資産の中でも現金化しやすい資産のことです。

当座比率が90%以上あれば、安全な企業といえるようです。

中長期の安全性

中長期の安全性は、自己資本比率でわかります。

自己資本比率は、下記の式で計算できます。

自己資本比率=純資産÷資産

自己資本比率の目安は業種によっても異なるようですが、どのような業種でも10%を切っていると安全性が低い状態のようです。

貸借対照表からわかること

貸借対照表を見ると、安全性以外にもわかることがあります。

  • 手元流動性
  • 売上高成長率
  • 資産回転率
  • 売上高営業利益率

手元流動性

手元流動性は、すぐに使えるお金がどれだけあるかをあらわします。

売上高成長率

売上高成長率は、売上高が前の期からどれだけ増えているかをあらわします。

資産回転率

資産回転率は、保有している資産に対して、どれだけ売上高があったかをあらわします。

資産回転率で、効率よく資産を活用できているかがわかります。

売上高営業利益率

売上高営業利益率は、本業でどれだけ稼いでいるかをあらわします。

貸借対照表(BS)のまとめ

投資をする上で企業の安全性は重要ですね。

貸借対照表はバランスシートとも呼ばれ、企業の安全性を知ることができます。

企業の安全性には、短期の安全性をあらわす流動比率と当座比率、中長期の安全性をあらわす自己資本比率があります。

安全な企業に投資をするためにも、短期、中長期の安全性については確実に理解しておきたいところです。

貸借対照表からは、他にもいろいろな指標がわかるので、また別途まとめていければと思います。

主にこちらの電子書籍を参考に投資の勉強をしています。