投資の勉強

【投資の勉強】EPS(1株当たりの当期純利益)

アイキャッチ

EPS(1株当たりの当期純利益)とは?

EPSとは、Earnings Per Shareの略で1株当たりの当期純利益を意味しています。

EPSは、下記の式で計算できます。

EPS=当期純利益÷発行済株式総数

EPSは1株当たりの当期純利益なので、EPSが上がれば収益率が上がったということができます。

また、EPSは配当性向やPERにも影響しますので、配当を重視するのであれば重要な指標といえるでしょう。

例として、このような2社のEPS考えてみます。

  • A:当期純利益5,000,000円、発行済株式10,000株
  • B:当期純利益10,000,000円、発行済株式100,000株

この情報でEPSを計算してみると、このようになりますね。

  • A:5,000,000円÷10,000株=500円
  • B:10,000,000円÷100,000株=100円

当期純利益は1,000万円とB社の方が多いですが、A社の方が発行済みの株式数が少ないのでEPSでみるとA社の方が高いことがわかります。

つまり、A社の方が収益率が高いということですね。

EPSのまとめ

EPSは1株当たりの当期純利益をあらわすので、EPSが高ければ収益性が高いことになります。

EPSは他の指標にも影響するので、しっかりと確認しておくのがよさそうですね。