投資の勉強

【投資の勉強】PER(株価収益率)

アイキャッチ

PERとは?

PER(Price Earnings Ratio)とは株価収益率のことで、1株当たりの当期純利益に対して株価が何倍かをあらわした指標です。

PERを見ると株価の割安性がわかります。

PERは下記の式で計算できます。

PER=株価÷EPS(1株当たりの当期純利益)

一般的にはPERが高ければ割高、PERが低ければ割安ということになります。

PERの基準はないようですが、日本の株式市場全体のPERが15倍前後ということなので、15倍を1つの目安にすると良さそうです。

PERが高い場合

PERが高い場合は、株価が割高な状態です。

株主の期待が大きく、株価が高くなっているとPERは高くなります。

PERが高い状態の場合、不祥事や業績不振などが起こると株価が大きく下落する可能性があるようです。

株価が下落

PERが低い場合

PERが低い場合は、株価が割安な状態です。

投資先としてあまり人気がない企業は、PERが低くなります。

PERが低くても、収益が安定している企業の場合は、下落のリスクが低く安定しているという見方もできます。

PERのまとめ

PER(株価収益率)は、株価の割安性をあらわす指標です。

PERが割安なら買いたくなってしまいますが、同業他社と比較したり、他の指標も参考にして購入を検討しましょう。

主にこちらの電子書籍を参考に投資の勉強をしています。