投資の勉強

【投資の勉強】単元株

アイキャッチ

単元株

日本の株式取引での売買単位のことを、単元株といいます。

2018年10月に、上場株式の単元株数は100株に統一されました。

日本株を売買する場合は、100株、200株、300株のように通常は100株単位での売買になるということです。

株価は1株あたりの価格のことなので、実際に株式を購入する際には株価の100倍のお金が必要になります。

単元未満株

単元未満株とは、1単元(100株)に満たない数(整数)の株式です。

通常、日本の株式の売買は1単元(100株)単位で行われますが、証券会社によっては1株から株式を購入することも可能です。

株式を1株から購入することができれば、少額でも投資することができますね。

1株からの取引ならSBIネオモバイル証券

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

私が利用しているSBIネオモバイル証券は、月額サービス利用料だけで売買手数料はかかりません。

1か月の約定代金合計額が50万円以下の場合は、月額220円(税込)で取引可能です。

毎月Tポイントが200ポイント付与されるので、月額料金の負担もほぼなく投資することができます。

Tポイントでの投資も可能なので、投資に興味がある方はまずネオモバイル証券でTポイントを使って投資を始めてみてはいかがでしょうか。